よろしくおねがいします!

2018年11月09日

定期借地権住宅については、土地

定期借地権住宅については、土地供給者とエンドユーザー(需要者)だけでは事業として進まない。そこには、ハウスメーカーやデベロッパーは当然のこととして、税理士も介在している例も少なくない。つまり地主の相続対策や事業収支の問題までからんでいるからである。 ここでは、それぞれの当事者の立場から「利点」と「課題」について整理をhttps://ec-halfpipe.com/periodic-tenancy/term-leasehold-interest/



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。