よろしくおねがいします!

2018年11月20日

ロンドンなどイギリスの歴史的住宅・住宅地

ロンドン市街地住宅の多くは、十八~十九世紀に、デベロッパーにより長期定期借地上に供給された建売住宅である。大・中規模なものは持ち家として上流階級や中流階級向けに、小規模なものは、賃貸住宅として労働者階級など低収入附層向けに建設・供給された。市街地住宅は、隣同士の隔壁が引っ付いた「テラス」と呼ばれる連続住宅である。ロンドンなどイギリスの歴史的住宅・住宅地
  


Posted by いっしー at 17:10 Comments(0)

2018年11月20日

最高裁判例について

私的整理合意に対する債権者取消権が問題となった下級審からは,民法の債権者取消権の要件論として,債権回収の集団的秩序を考慮に入れた詐害性の判断のありようを取り出すことができるが,最高裁判例においてはこのような観点はどのように取り入れられているだろうか。例えば判決は,系列小売店Aに信用取引で牛乳を継続的に供給していたメーカーYが,経営難に陥ったAに対して,代金滞納を理由に継続的取引契約の解除を通告したが,https://respectlifemissouri.org/supreme-court/
  


Posted by いっしー at 08:05 Comments(0)

2018年11月19日

2018年11月17日

「規格」「基準」は絶対ではない

PL法(製造物責任法)ができて、消費者が粗悪な製品について苦情をいいやすくなり、メーカーの責任体制が一段と重視されるようになりましたが、以前からも多くの場合、製品の性能には、「規格」とか「基準」とか呼ばれるものが公的に(政府や自治体で)、私的に(会社単位または業界で)決められています。https://xn--n8jo0cxb.xyz/standard-standard-is-not-absolute/
  


Posted by いっしー at 14:44 Comments(0)

2018年11月16日

マンションの駐車場は「共用部分」

車は一家に一台あるのが普通になりました。とはいえ、自宅に駐車場を持っているのは都市部ではかなり低い率。結局、月極の賃貸駐車場を借りることになり、自転車で駐車場まで行くという、笑えない話まであります。特に大都市マンションの場合、一戸に一台の駐車場が確保されていればいいほうで、それに満たないということもよくあります。マンションの駐車場は「共用部分」
  


Posted by いっしー at 16:44 Comments(0)

2018年11月16日

一般的に賃貸住宅は、退去後に原状回復

一般的に賃貸住宅は、退去後に原状回復をしなければならないことから、リフォームすることはNGとされています。しかし原状回復できるリフォームならどうでしょう? きちんと原状回復できるなら、立会いで揉めることもありませんよね。どうせ住むなら自分のこだわりの空間で、妥協せずに住みたいものです。 【賃貸でもリフォームを!】https://egyptelectricity.com/renovation
  


Posted by いっしー at 14:21 Comments(0)

2018年11月15日

リフォームの際、壁を解体し、断熱材を

リフォームの際、壁を解体し、断熱材を取り除いてしまうような工事を行なってしまうと、 当然、結露はひどくなります。リフォームの際には現在の工法より劣るような断熱方法に ならないよう注意が必要です。そうした注意点はありますが、マンションは思い切った ...triune-designs.com
  


Posted by いっしー at 15:49 Comments(0)

2018年11月15日

「刀剣乱舞」ミュージカルの刀剣男士 企画枠で紅白出演へ キャ

「刀剣乱舞」ミュージカルの刀剣男士 企画枠で紅白出演へ キャラクターである刀剣男士が企画枠として大晦日の紅白歌合戦に出演する 2018年11月14日
7時41分 「刀剣乱舞」ミュージカルの刀剣男士 企画枠で紅白出演へ
http://news.livedoor.com/topics/detail/15591567/
  


Posted by いっしー at 07:35 Comments(0)

2018年11月14日

土地には、都市計画法や建築基準法、そ

土地には、都市計画法や建築基準法、その他の法令によって、建物の用途や建てられる面積・高さに様々な制限が課されています。住宅を建てる場合、当然ながらこれらの規制をクリアして計画しなければなりません。 分譲住宅の場合は、このような規制をすでにクリアした建物ですので、購入時にはあまり気になりません。しかし、将来増改築をする際には必ず影響してきますので、やはり事前にチェックしておく必要があります。 そこで、まず押さえておきたいのは「用途地域」です。用途地域は建築基準法で細かく定められていますが、地域によっては住宅以外の用途が規制されることがあります。特に店舗などとの併用住宅を計画する場合には気をつけてください。https://kome808.com/area/
  


Posted by いっしー at 14:00 Comments(0)

2018年11月13日

「一日がかりで行くような田舎のお寺に

「一日がかりで行くような田舎のお寺にお墓参りなんて、イヤですよ。行くならあなた一人で行ってください」「イヤですよ 死んだ後までお義母さんと一緒なんて。どうしても、と言うなら離婚します」「兄貴は、先祖代々のお墓の面倒を見るからと言うから、家屋敷の相続をしたんだろう。お寺にも行かないのなら、相続は元に戻せよ」https://emp-book.com/inheritance-home/
  


Posted by いっしー at 18:17 Comments(0)